×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

女性特有の病気、乳がんについて。乳がんを検診等により早期発見して治療すれば完治します。

乳がんとホルモンの関係

 

乳がんは、エストラゲンと言う女性ホルモンが原因とされています。女性ホルモンの分泌は初潮から始まり、更年期になって終息します。女性ホルモンの分泌期間が長くなれば、それだけ乳がんの危険性が高くなります。最近の傾向は、初潮年齢の低化と更年期の後退で、女性ホルモンの分泌期間が長くなりつつあります。乳がん検診の検診期間も当然長くなります。

 

 

 

簡便な乳がん検診方法は、自己検診です。触診による異物の発見は、早期検診の基本ともいえます。自分で毎日でも出来る手軽さは、他の検診方法にはない利点ですが、微細な乳がんの発見には、長年の経験が必要です。早期乳がんを見逃す可能性が高く、他の検診方法との併用が求められます。

 

 

 

乳がんに対する認識も、以前に比べれば、随分と変わりました。自主的に検診を受ける人も多くなり、乳がん検診への関心は急速な広がりを見せています。乳がんを発病した人も、がん通知を受け入れ、直るがんとして、積極的に治療に挑むようになり、治療効果も高まっています。

 

 

 

日本の乳がん検診は、乳がんへの関心の高まりから、徐々に普及しています。乳がんへの関心のまりは、人々の目を食生活へと向けさせています。本来日本における乳がん患者の増加の原因は、欧米化型の食生活にあるとされています。自然食のブームと相まって、食事への関心は、乳がんに限らず、成人病や習慣病との関連で、高まっています。
マンモグラフィによる最新診断

 

テレビでよくマンモグラフィによる、乳がん検診のCMを見ますが、それだけ乳がん患者が多くなっています。乳がんは女性の死亡原因のトップになっています。乳がんにかかる年齢層も20歳代から70歳代、80歳代まで広がり、全体的に満遍なく増えています。

 

 

 

乳がんの対策としては、乳がん検診による予防が最も有効だと言えます。検診方法も自己検診から最新のマンモグラフィなど、様々な検査方法が開発されています。どの検査方法が最善な検査方法かは、一概には言えません。それぞれ一長一短があり、複合的な活用が必要になります。

 

 

 

医療全体の現状から察するに、乳がん検診の普及までには、まだまだ時間がかかります。乳がんの発病率も、当分の間は高水準を維持すると考えられます。医療を取り巻く厳しい環境では、かえって乳がん患者を増やす事になり、医療財政の逼迫を更に助長する結果になります。

 

 

 

乳がんは、正しい理解があれば、決して怖い病気ではありません。乳がんは、正しい知識があれば、予防も可能ながんです。正しくバランスの取れた食事と、日々のちょっとした配慮と、年に一回の乳がん検診で、乳がんにかからない、健康な生活が過ごせるようにしましょう。
乳がんは早期発見で

 

乳がんは、早期発見で完治するがんです。乳がんの治療は、早期発見が重要です。乳がんの場合、乳房などの切除が連想されますが、乳がん検診で早期発見されれば、乳がん手術後でも、乳がん手術前と変わらぬ状態を維持する事が可能です。乳がんの早期発見を見逃すと、転移しやすい厄介ながんです。

 

 

 

乳がん検診において、主流となりつつある検診方法は、マンモグラフィ検査と超音波検査です。ともに早期の乳がんを発見するのに有効な検診方法です。超音波検査法は、若年層の検査に有効で、マンもグラフィ検査は、超微細な乳がんを発見するのに有効とされています。

 

 

 

最新のマンモグラフィなどの高度医療の整った医療素設は、首都圏や大都市に集中し、地方と中央の乳がん検診を受けるサービスに、著しい格差が生じています。医療改革の名のもとに、地方の医療機関の統廃合が行われた結果、大都市と地方の格差拡大に拍車をかけ、乳がん予防の検診の普及の障害となっています。

 

 

 

日本の医療が、全体として財政破綻の危機にあるなか、先端医療技術に頼った乳がん検診の普及に、どれだけの期待が持てるか、疑問です。今出来ることは、自分で行う触診と食事の改善だけでも、乳がんに対して、かなりの予防効果があげられ、余計な医療負担も軽減出来ます。